逗子清寿苑食事

~11月だより~

日一日と秋の深まりを実感できるようになりました。

りんご、柿、きのこ類、里芋、さつまいも、鮭、秋刀魚、鯖などの食材を取り入れ晩秋の食卓を楽しみたいものです。

ところで、骨を丈夫にするために必要な栄養素として知られている「カルシウム」ですが、吸収率が悪いため、日本人の多くが摂取不足となっています。

そこで「ビタミンD」は、「カルシウム」の吸収を促進して骨を丈夫にし、筋力を高めます。

例えば、秋が旬の鮭、秋刀魚、鯖など「ビタミンD」が豊富な魚ときのこ類を使ったお料理で「カルシウム」を効率的に摂ることが可能です。

特にしいたけは、紫外線にあてると「ビタミンD」が増すため、使用前に天日で干すことがお勧めです。(干し椎茸も使用前に、日光に当てると「ビタミンD」がより増えます)
また「ビタミンD」は、日に当たると体内で合成されますので、適度な日光浴も有効です。

11月の献立は、旬の魚ときのこ類を組み合わせた「グラタン」「蒸し焼き」「ソテー」などの献立を取り入れて必要な栄養素の吸収を高めていきます。

献立メニュー

  1. 2018年11月の御献立
  2. 2018年10月の御献立
  3. 2018年9月の御献立
  4. 2018年8月の御献立
  5. 2018年7月の御献立
  6. 2018年6月の御献立
  7. 2018年5月の御献立
  8. 2018年4月の御献立
  9. 2018年2月の御献立